療養補償給付

療養補償給付とは、労働保険の一種で、労働者が業務において怪我をしたり病気にまった場合、必要な療養を行ったりかかった費用を国が給付する制度です。通常、勤務中の怪我や病気では、雇用者がこれらの負担をしなければなりませんが、場合によっては中小企業などでは負担しきれないほど高額の費用がかかることもありますので、雇用主が労災保険に加入することにより、国が負担をするという形になっています。この給付の対象となるのは、労働者が業務に携わっているとき、または通勤中に起きた怪我や病気となっています。

 

給付は大きく分けて、療養の給付と療養の費用の給付の2種類があり、前者は業務上の負傷、もしくは疾病にかかった労働者が、労災指定病院や労災指定医療等で必要な療養を受けた場合、労働者は一切費用負担をせず、療養を受けることを指しています。これは治療自体が給付という扱いになりますので、現物給付とも言われています。一方、後者は業務上の負傷、もしくは疾病にかかった労働者が、労災指定病院や労災指定医療等以外の医療機関等で必要な療養を受けた場合、後日請求する形で治療等にかかった費用の全額が給付されるというものです。いずれも労働者の負担はありません。

 

 

 

 

 

Comments are closed.