自己都合で離職した場合

普通に会社に勤めている間は雇用保険についてあまり意識することがありませんが、会社を退職することになった場合、雇用保険の知識は非常に役に立つことになります。

雇用保険は会社に勤めている人が給料から一定の率で支払うことになっております。
従業員を雇用している会社側の負担もあります。

この雇用保険は会社を退職した人がハローワークで手続きをすることで失業手当を受けることが出来る制度があり、利殖期間中の生活の安定になくてなならないものとなっています。

失業手当を受ける場合、会社から首にされたりなどの理由の会社都合退職者や会社が倒産してしまった人などが該当する特定理由資格者と自分の都合で会社を辞める場合の自己都合退職者が該当する一般の離職者とで失業保険の支給される条件が異なってきます。

特定理由資格者の場合、一般の離職者よりも長い期間失業手当が支給されることになります。
一般の離職者の場合、被保険者期間が10年未満で90日分支給されることになりますが、特定理由資格者の場合、年齢により支給日数が異なりますが、被保険者期間10年未満の場合の最大で240日分支給されることになります。

そのほか、一般の離職者の場合、支給開始まで給付制限期間があるので注意が必要です。

Comments are closed.